SPIK VANSTAR新卒採用エントリー

こんな人に来て欲しい。

その場の雰囲気に合わせて挨拶ができる人。
根っからの楽天家で物事を前向きに考える人。
こざっぱりとしていて清潔感が溢れている人。
友達から面白い人と言われている人。

こんな人に来て欲しい。その場の雰囲気に合わせて挨拶ができる人。根っからの楽天家で物事を前向きに考える人。こざっぱりとしていて清潔感が溢れている人。友達から面白い人と言われている人。

働きやすい職場で
  あるかどうか

営業本部 印刷営業一部 営業部一課出山 明宏

「働きやすい職場であるかどうか。」

 これは、私が就職活動をしていた時に重要視していた点の一つです。「働きやすさ」と言っても様々あると思いますが、スピックバンスターの「働きやすさ」について、いくつか紹介したいと思います。

 一つ目は、充実した研修制度があることです。この業界に限らず、ほとんどの方は知識が全くない仕事に就くことになると思います。私も紙媒体には興味こそありましたが、知識に関して全くなく、働き始める上で不安を抱えていました。そんな不安を拭い去ってくれたのが、スピックバンスターの充実した研修制度でした。洋紙・印刷の基礎知識から応用編、営業対応など様々なジャンルの研修項目が揃っており、それらをしっかり学ぶことで、成長に繋がる環境が整っていると思います。

 二つ目は、相談出来る先輩がたくさんいることです。会社という組織には、年齢や性格の違う幅広い人達が集まっていますが、スピックバンスターには、「一緒に働く事が出来て良かった」と思える方が多いと感じます。人には相性というものがあるので、一概には言えませんが、周りの方々に聞いても「人柄の良さ」をスピックバンスターの長所として挙げる方が数多くいます。私自身も、始めは慣れない事の連続で大変な時期もありましたが、そんな時に先輩方に気軽に相談出来た事が、精神的な負担をあまり抱えずに、働いてこられたのだと思い返す事もあります。

 とにかく面倒見がいい先輩が多いので、仲間と楽しく仕事をしていきたい人には合っている職場だと思います。

career

  • 2014年
    入社
    営業本部 印刷営業一部
    営業部一課 所属

today

  • 08:30
    08:30
    出社
    メールチェックをして、前日立てたスケジュールに変更がないかを確認します。
  • 09:00
    09:00
    事務作業
    見積書の作成や印刷の手配などを社内で行います。業界柄、急を要する案件もある為、優先順位を決めて作業に入ります。
  • 12:00
    12:00
    昼食
    時間に余裕がある日は、午後訪問する得意先の近くで昼食を取ります。
  • 13:00
    13:00
    得意先訪問
    メイン得意先や相談があった得意先を訪問します。
  • 16:30
    16:30
    協力会社訪問
    複雑な加工が入る等、協力会社と共に進めていく必要がある仕事の場合、情報を共有しながら、より良い仕上りになるように打ち合わせを行います。
  • 17:30
    17:30
    帰社
    日中の業務を整理し、明日に備えて準備をします。
  • 19:30
    19:30
    退社
    同僚と居酒屋へ行きます。先輩も優しい方が多く、良く誘って頂きます。

privat

休日は時間さえあれば球場に足を運んで野球観戦をしています。球場で飲むお酒は格別です。

コミュニケーションを
  大切にしたい

営業本部 洋紙営業部 営業部八課関根 正彦

 スピックバンスターでは洋紙販売と印刷を行っていますが、私は主に洋紙販売を担当しています。

 洋紙販売は、洋紙メーカーからの卸売りという業態を取りますが、卸売りを行っている会社は都内だけでも数多くあり、基本的にはどこの会社から購入しても同じ洋紙が手に入ります。そのため、必然的に競争も激しくなります。競争を勝ち抜くためには、お客様が何を求めているかを知り、それに的確に応えていく事が重要になってきます。そのために私は、お客様とのコミュニケーションを最も大切にしています。お客様の会社に訪問した際、ご担当者様のみならず、他の社員の方々とも積極的に会話をすることで、お客様の求めている事が分かるようになってきました。

 洋紙の種類は非常に多く、その中からお客様が求めているものを提案しなければなりません。簡単な事ではありませんが自分が提案した紙が採用されて実際に製品をお店や街中などで見かけると少しだけ他人に自慢したくなります。

 洋紙販売は、コミュニケーションを大切にしたい人や自分が携わった仕事を形として残したい人には向いている仕事だと思います。

career

  • 2014年
    入社
    営業本部 洋紙営業部
    営業部八課 所属

today

  • 08:30
    8:30
    出社
    メールチェックやお客様にお持ちする紙の見本帳や資料などの準備をします。
  • 09:00
    09:00
    営業活動
    お客様のもとに営業へ。紙の見本を届けたり、お客様の要望に沿った紙を提案したり、紙調べの依頼を受けます。また、お客様が急ぎで紙が必要な場合には、営業マンが自ら倉庫へ行き、お客様へ紙を届ける事もあります。
  • 17:30
    17:30
    帰社
    お客様から頼まれていた紙調べをしたり、頂いた注文を伝票に記入したり、見積りの作成等をします。
  • 18:30
    18:30
    退社
    翌日の準備等をして一日の仕事を終えます。

privat

 休日は、趣味のスノーボードをしています。スノーボードの魅力と言えば新雪を滑っている時の浮遊感、新しい技や難しい斜面を滑り切った時の達成感などがありますが、中でも晴れた日の山頂から眺める景色は格別です。

最高の喜びを
  得られる仕事だと思います

営業本部 印刷営業二部 営業部五課矢田部 佑太

 営業職である私が扱っている商品は主に印刷物です。皆さんの中には、印刷物というと目新しさのあまりない、ありきたりな物と感じている方も多いかもしれません。実は、私も同じような印象を抱きながらスピックバンスターに入社しました。しかし、入社後すぐにその印象はガラッと変わりました。

 印刷物には、ばらまき用のチラシから、分厚いアルバム冊子まで様々な物があります。そんな印刷物の中には、用紙の選定段階からいくつも案を出し合い、写真の構成はどれが良いだろうか、こんな加工をしたらもっと目立つのではないかなど、多くのこだわりを持って作られている印刷物が数多くあります。これらのこだわりを最大限活かせるのは、印刷物の最終の製造者である私たちだと考えています。

 印刷会社での営業職の役割は、お客様の望む意図を明確に理解して、それを製造現場に正確に伝える事や、製造過程での注意点をお客様にフィードバックしていくことだと思います。

 私の上司はよく、「良い印刷物は、良い印刷営業マンが作り上げる」と言いますが、その言葉の意味の深さや重さを日に日に感じるようになりました。印刷営業はとても責任がある仕事だと思いますが、それだけにお客様の意図した印刷物が完成した時には、最高の喜びを得られる仕事だと思います。

career

  • 2014年
    入社
    営業本部 印刷営業二部
    営業部五課 所属

today

  • 08:00
    08:00
    出社
    メールをチェックして、見積り依頼やお客様からの要望を確認します。
  • 08:30
    08:30
    製品確認
    前日までに印刷された刷本や製品サンプルに不備がないかチェックします。
  • 09:30
    09:30
    社内業務
    お客様からの見積り依頼に対して、各工程に見積り依頼をかけておきます。
  • 10:00
    10:00
    得意先訪問
    営業に出発!お客様に出来上がった刷り出しやサンプルをお届けします。お客様との打合せでは、お客様から原稿をお預かりして注意点や要望を正確に聞き取ります。緊急性の高いものは、直ぐに電話やメールで関係各所に伝達し対応します。
  • 17:30
    17:30
    帰社
    昼間準備しておいた見積りや新たな見積りをお客様にメールします。また、営業活動中にいただいた宿題に対して、諸先輩方にお知恵を借りながら対応します。
  • 19:30
    19:00
    退社


privat

 休日は趣味のフットサルで汗を流しています。日々の業務で疲れていても、大好きなフットサルで体を動かすと、不思議と疲れがリセットできます。

Page Top