私たちの取り組み

プロジェクト事例

  • 什器プロジェクト ペーパーディスプレイ製作

    什器プロジェクト ペーパーディスプレイ製作

    • 時期:2018年1月
    • 効果:売上高:2億円/年

    2018年1月、ペーパーディスプレイ製作のためのプロジェクト「什器プロジェクト」を発足致しました。「圧倒的な構造設計力」「一貫した品質管理」「印刷ノウハウとデザイン力」を最大の特長として、レール・訴求POPから、複雑な店頭ディスプレイまで全ての紙什器に対応し、売上高2億円/年の効果を創出しております。また、什器プロジェクトはペーパーディスプレイだけに留まらず、パッケージ製作にも対応範囲を拡大しております。

    ペーパーディスプレイ
  • H-UV印刷

    H-UV印刷

    • 時期:2015年8月
    • 効果:生産効果:7,500万円/年

    2015年8月、KOMORI CORPORATION製ハイブリッドUV印刷機「LITHRONE G40」(菊全判4色)を導入致しました。最新の印刷技術であるH-UV印刷とスピックバンスターのコラボレーションがお客様の求める高付加価値、訴求力の高い商品を創り出します。「高品質印刷」「高精細印刷」「短納期」で資材から特殊印刷まで技術力、営業両面でサポート。7,500万円/年の生産効果を生み出しております。

    H-UV印刷
  • シェアハウス事業

    シェアハウス事業

    • 時期:2015年8月
    • 効果:売上高:4,000万円/年

    2014年8月、不動産部門の新規事業として「シェアハウス事業」を開始致しました。「TeToTeHouse」というブランド名での展開となっており、「共に暮らし、語り合う コミュニティシェアハウス」として、2014年8月「学びと遊び masobi 高田馬場」、2015年8月「十人十色の家 toiro 東武練馬」、2018年9月「音と暮らす、音楽でつながる otowa 小竹向原」をオープンし、現在3つのシェアハウスを運営しております。全てのシェアハウスにおいて高い稼働率を維持し、売上高4,000万円/年の事業となっております。

    tetote house
  • デザインチーム編成

    デザインチーム編成

    • 時期:2015年1月
    • 効果:売上高:4,000万円/年

    2015年1月、広告・販売促進事業拡大のために、クリエイティブセクションであるデザインチームを編成致しました。広告・販売促進ツール制作における、プランニング・アートディレクション・グラフィックデザイン・Web構築に対応しており、プロデューサー1名、アートディレクター2名、デザイナー2名、Webディレクター1名の6名編成となっております。また、商業印刷のワンストップサービスにおいてもデザイン制作の効果を発揮し、売上高4,000万円/年のクリエイティブセクションです。

  • オンデマンド印刷

    オンデマンド印刷

    • 時期:2017年9月
    • 効果:売上高:3,000万円/年

    2017年9月、KONIKA MINOLTA製POD機「AccurioPressC6100」を導入致しました。C6100の最大の特長である、「表裏・色調見当の自動化」により、PODカラー印刷のハイクオリティ化を実現致しました。また、モノクロ印刷案件の軽印刷からのPOD切り替えにも対応し、カラー・モノクロ印刷併せて年間3,000万円の売上高となっております。

  • 物流倉庫の統合

    物流倉庫の統合

    • 時期:2012年8月
    • 効果:利益向上

    2012年8月、当社の洋紙配送拠点である「SP物流」を、印刷工場である「戸田マシナリー」の隣接地に移転致しました。両事業所間はフォークリフトで行き来できる構造とし、CO2排出を伴うトラックによる洋紙配送をゼロとしました。また洋紙配送・印刷物配送を統合管理する事で物流の効率化を図り、スマートでスムーズな配送環境を実現致しました。

    物流トータルシステム
  • 展示ルーム設置

    展示ルーム設置

    • 時期:2012年4月
    • 効果:利益向上

    2012年4月、江戸川橋本社に展示ルームをオープン致しました。印刷商品、特殊加工品、洋紙見本等、当社で対応可能な数々のアイテムを展示しております。また、商談やセミナーにも利用可能なスペースとなっております。

  • 洋紙・印刷基幹システム統合

    洋紙・印刷基幹システム統合

    • 時期:2019年6月
    • 効果:費用圧縮・業務効率向上

    当社のメイン事業である「総合印刷」と「洋紙販売」の管理ソフトを連携させるために活動しています。
    連携内容は、「印刷ソフトに入力した発注情報が洋紙ソフトに送信される」というもので、同じ内容を入力する手間を省き、作業の省力化と入力ミスの削減を目的としています。将来的には同様のソフトを利用しているお客様とも連携を行い、発注の手間と受注時のミスをなくします。

  • その他の事例

    その他の事例

    • 2011年12月:
      「NECわくわくオフィス」…SaaS型のグループウェア「わくわくオフィス」を導入致しました。
    • 2012年2月:
      「デジタルサイネージ」…表現力豊かな映像で高いアイキャッチ効果があり、さらに時間・場所にあわせたコンテンツが表示できるため、ターゲットへ明確な目的と効果を伴った情報発信が可能です。
    • 2012年1月:
      「電子書籍」…紙媒体の書籍・雑誌を電子化・デジタル化致しました。
    • 2014年8月:
      「ECサイト」…ECサイトを展開し、商品販売を行いました。
    • 2016年9月:
      「すぴっく工房(カーラッピング)」…すぴっく工房では、痛車、カーラッピング、ステッカーのデザインから施工までを行っています。部分ラッピングからフルラッピングまで対応可能です。